<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夕張ED 無事帰宅

AM9:30無事に夕張から帰ってきました。
僕の初全日本クラス参戦を現地報告する予定でしたが結局出来ず、ご期待に沿えなくてごめんなさい(結果ダメダメでしたが)。朗報はご一緒した阿部家旦那様がAクラス3位入賞、鎌田アキラ君9位と大健闘でした。
僕らはチームエントリーしていたのにチーム表彰式が無かったのがとても心残りです。終了後、競技監督に直接伺った所「今回は基準に達しなかったので」との事。基準が有ったとは知らなかったでした。ん~、勉強不足でした。せこいようですがそういう場合ってチームエントリー代って返してもらえるの???

大会初日は雨、一時豪雨となり全日本クラスでは1Lap目TC3でのタイム設定が機能せず2Lap目TC1以降フリータイム?でテストのみ実施され、3Lapスタートまで約1時間半ほどピットで待機の後、結局Day1の持ち時間7時間30分の簡易オンタイムに変更となり再スタート。びしょぬれの中さらに沢で水浴びをし体と心が完全に冷え切ってしまいました。テストを含めたルート設定は大変素晴しかったのに、タイム設定がそれに及ばなかった事は大変悔やまれる所ですね。それでもそんな自分を2日間一緒に伴走して頂いた#34阿部亨範選手(アベチャン)には心より感謝いたします。ありがとうございました。SUGOにいらした際には改めて御礼させて頂きます。

2日目は前日の雨も上がりコースコンディションはマディのままでしたが、ルートは前日の逆周り設定。テストは市民スキー場CTと旧札夕線ET、それに付随するルートがカットとなりましたが快晴の中、夕張のダートを満喫する事が出来ました。タイム設定も改善され2日目のみ使用された下りのトンネルも含めオープンエンデューロの醍醐味をやっと味わえる事が出来たなぁとしみじみ思いながら帰路に着きました。

KEN2カントクはじめ様々な方との再会、そして新たなめぐり合があるのもこのような大会の喜びでもあります。挨拶もろくに出来ず現地を後にしましたが、大会に携れました皆様、大変ご苦労様でした。
[PR]
by dr510 | 2007-07-30 15:32 | PLAY | Comments(8)

夕張突入

f0096363_13365039.jpg

苫小牧に到着後、回転寿司で遅い朝食を取り、一路ユバーリへ。ドライバーは阿部家旦那様に交代。
[PR]
by dr510 | 2007-07-27 13:36 | Comments(0)

フェリー中

f0096363_21533454.jpg

夕張行きご一行様、只今お部屋で作戦会議?フトゥーに焼酎とか有るし・・・
[PR]
by dr510 | 2007-07-26 21:53 | Comments(0)

夕張マスィーン

夕張用本番車が完成しました。
今回ご一緒する阿部家旦那様も仕上がったようですね。
僕はなんと今年初のレース参戦ですが、遅着しても何しても怪我をせず夏の北海道を思う存分楽しんで来たいと思います。
f0096363_1233123.jpg

今年は毎年恒例のVega月山と日程がぶつかってしまい、阿部家旦那様の所属するHTSチームも510チームも2班に分かれての活動になってしまい色々と大変ですが、夕張組も月山組も夏のレースを満喫して来ましょうね!
[PR]
by dr510 | 2007-07-25 12:05 | PLAY | Comments(6)

ルートマップ

来週開催されるバリバリ夕張EDのルートマップが発表になりましたね。
今年もTC(タイムチェックポイント)はルート中2箇所の模様。TC3がスタート・ゴール地点ですね。昨年のピットエリアとはちょっとちがう場所に移ったように見受けられます。地図で見る限りでは僕ちゃんがプチ水没した沢の入口ルートの駐車場みたいです。その辺りは現地に行ってみないと分からないですね。

そのいやらしい沢ですがDay1ではゴール前に、Day2ではスタートしてすぐの様にも見えるけど・・・

うぉぉぉーキンチョーしてきましたぁぁぁー。
[PR]
by dr510 | 2007-07-20 14:00 | SOLILOQUY | Comments(5)

エンデューロライセンス

MFJのインフォメーションにて今年のISDEチリ大会トロフィーチームが発表されてますね。
チーム代表には藤原班長が任命されたようです。チーム監督の大津さん宜しくお願い致します。トロフィーライダーはもとより、藤原班長の代表ぶりを地球の反対側から応援したいと思います。ん?反対側と言う事は12時間ジャンプしてれば着地はチリか。出来んじゃね!とか思わないように。

それと先日行われたMFJエンデューロ部会議の情報筋によると、来年はエンデューロライセンスがついに2分化される模様。
詳細は後日正式にアナウンスがあると思います。僕も持っているエンデューロライセンスですが、このライセンスを取得すると全日本クラスへのエントリーになる訳です。でも現実的に僕レベルのライダーがこのクラスで結果を残す事は・・・なわけですよ。それでも参加するからには自分の納得する走りをしたいし、出来れば順位を上げたいと思うのですが実際はねぇ。。。

エンジョイライセンスで参加できるクラスの大会で良い結果を残せたとして、翌年エンデューロライセンスを取得していきなり全日本ライダーと一緒の土俵でって言う図式を続ける事は、そんなライダーの大会離れはもとよりライセンス取得離れにも直結してしまうと思うのね。エンジョイライセンスのまま下のクラスに参加するのも気が引けるし、現実的に白い目で見られるわけだしね。

例えが少々乱暴かも知れないけれど、サッカーのJFAにもJ1・J2・JFLが有るように、エンデューロもサッカーのようなピラミッド型の図式を早期に整えて盛り上がりを見せる事が出来た時、骨太の日本代表トロフィーチーム参戦になるのではないかと思ってます。
[PR]
by dr510 | 2007-07-17 12:05 | SOLILOQUY | Comments(0)

お盆はSUGOに集合!

今年もお盆中にSUGOでイベントが色々開催されます。

まずは8月12日に深山クロスが開催されます。
このレースはCROSS-1シリーズの1戦としても組み込まれ、更に来年のSUGO
2DE予選会も兼ねながら、ミニモトでの参加を検討する大会でもあります。
今年の深山クロスは「簡易オンタイム制」で行われます。簡単に言えば、予め指定されたスタート時間にスタートし、義務周回数を持ち時間内で走る事が出来ればOK。順位は周回内に1箇所設けられた「テスト区間」の走行タイムで決められます。もちろん持ち時間以内に走る事が出来なければ、オーバーしたタイムに付きペナルティが課せられます。わかりますか?

もう一つのイベントは、翌日13日に開催されるフリーライドパーティー(FRP)。
昨年大好評だったこのイベントですが、今年の開催ではお天気はなんともならんのですが、それ以外でスタッフが気になったところ、例えば「迷子さん発生」とか「各グループの進行状況の把握」、「デモライド等の徹底告知」に重点を置き、参加される皆様一人一人に満足して頂けるよう現在準備を進めております。(Byフリーライドマガジン三上
12日夜には前夜祭として、昨年のISDEチームJapanトロフーチームライダーによる報告会も開催予定です。
[PR]
by dr510 | 2007-07-07 14:11 | PLAY | Comments(0)

こう言うの待ってた!

昨年、夕張の際に同じクラスで走った資延さん達が便利な物を公開してくれました。ちゃっかりリンクさせて頂きます。これでかなりの人が大会前夜グスーリ眠れるのではないかと。カントク、ヤスオミ、パソコン持って行くからね!
f0096363_1771479.jpg

でもあくまでもオンタイムで走った場合のみ有効なので、夕張でいきなり全日本デビューな僕はちゃんと計算もしますね。だって遅着の嵐が吹き荒れる予感プンプン。
[PR]
by dr510 | 2007-07-05 17:12 | SOLILOQUY | Comments(2)

宮城選抜?

今月末の夕張ED遠征は、僕と彰君と阿部家旦那さんの3名がライダーで参加する事になりました。チーム名は「クラブチーム宮城選抜?」です。阿部家旦那さんの所属するHTSチームさんはじめ、他の地元チームの方々へ相談もなしに勝手に「選抜」の文字を付けさせて頂きましたが、SUGOは地元開催だからあまりピンとこないかも知れませんが、夕張の様に長距離遠征の大会への参加を個人で参加する不安や費用を少しでも軽減するにはチーム間の垣根を取っ払い、ライダー同士が協力し合って参加するのもクラブチームの楽しみ方でも有るし、そう有るべきだと解釈しております。更に今後はそんな仲間の集まる宮城選抜のクラブチームが2個も3個も出来たら嬉しいなぁと思いあえて「選抜」の文字を入れました。どうぞ地元他チーム関係の皆様、あまり深読みせず優しい気持ちで見守ってください。そのあたりを考慮して「?」を最後に付けました。事後報告でごめんなさい。
[PR]
by dr510 | 2007-07-03 14:33 | SOLILOQUY | Comments(4)

STDE サポート参戦記 完結編

気が付けばもうあれから1週間。早いネェ~
記憶もかすかに薄れ始め・・・

さてレース2日目に入る前に、SUGO2DEで知り合った東京の#143加藤選手と今回ピットを共にしたのですが、初日2周目の転倒で脛骨骨折でリタイヤとなってしまいました。レースも後半と言う事も有り現場スタッフの的確な判断により運営に支障はなかったものの、関係各位におかれましてはご迷惑、ご心配をおかけいたしました事、更にはご報告が遅れました事を重ねさせて頂き、この場をお借りしてお詫び申し上げます。加藤選手ご本人、同行されました安田さんには心よりお見舞い申しあげます。順調に回復し復活しまたら、またご一緒できる事を願っております。
f0096363_94790.jpg

2日目AM6:00、ピット会場立ち入り禁止解除。これからまた新たなドラマが始まろうとしている。同6:30アナウンスと共に車両保管解除、これから30分間整備時間が与えられる。前日の走行で特に大きなダメージを受けたマシンがない限り、クルーは工具の手渡しと時間管理に専念する。リヤタイヤ交換は、カネマス&カマティヤン、梅田&新人小野とがペアを組みお互い協力し合いながら少ない時間と限られた工具を上手く使い分ける。アキラ君も僕のレクチャで素早くタイヤ交換が完了。整備と燃料補給も時間内に終了し、皆で気合を入れあいながらレースへと突入。

大森さんからの発表で、持ち時間は6時間4Lap。コースはインフィールドを出たら前日と逆まわりの設定になり、一部コースをカットされたとの事。1Lap目は雰囲気こそ同じだがまるで違うルートを走る気分である。それでもトップグループはほぼ毎周回1時間を切って帰ってくる。みな順調かと思った矢先、#6九州の藤田塾長がトボトボと歩いてピットイン。どうやら電装系がダメになったらしく点火せずリタイヤ。初日トラブルがあったイタリアンも今日はほぼ順調にレースを進めているが、ヤスオミが2Lap目クラッチを滑らせて帰ってきた。本人は諦めモードだったが、竜ちゃんがクラッチ1式を差し出し、藤田塾長がスペシャル工具を差し出し、焼け玉クラッチの交換開始!されでもキッチリ5分でピット作業を終わらせ再スタート(みんな優しいネェ~)。510チームは2Lap目カネマスサンが古傷を痛めリタイヤ(帰宅後の診断でアキレス腱一部損傷)。お隣の#8ロッカーズイケチュウさんも背中擦傷&肋骨強打でリタイヤ。この時間帯は特にDrスージー大忙しで大活躍。こういう形での活躍は。。。マシンはパーツ交換で治るけど体はそうは行きませんから!By木古内お大事に通信

レースは順調に周回を重ね、最初に4Lap目のゴールに飛び込んだのは#1鈴木ヨサコイKEN2選手!続いて4分30秒後に#2藤原ジージ広喜選手。それからさらに3分30秒後#3石井正美大先生。そして2分後には#20近藤チリがんばれユースケ選手。と、続々ライダーがゴールインしている。完走者のマシンは一時マシンプールされるのだが、なかなかトップグループのライダーがピットに戻ってこない。まぁ2年ぶりの木古内を、4周ほぼ全開で抜きつ抜かれつを繰り返した訳だから、お互いを讃え合い話が弾むってもんですね。でも今年は更にもう一つ話のネタが増えていたようだ。それは完走後のマシンチェックで整備不良箇所にペナルティが課せられるのですが、トップ5台中#1、#3、#20のマシンでナンバープレートが脱落紛失していた事。つまり2日間の総合時間にペナルティ5分が追加され、トップでゴールしたKEN'2選手だったが1分10秒差で2位にナチャーウョ!(タイヤありがとうございました。孫の代まで大事に使わせて頂きます)

今から4年前のこのレース、打倒渋谷選手を繰り返していた藤原選手がやはり念願のトップでゴールし優勝かと思いきや、しかしナンバー脱落ペナルティで2位に甘んじた苦い経験。今年は自身にも愛娘、杏妃(あきちゃん)の誕生で勢いに乗ってまさにその借りを自分の手で返した、そんな嬉しい大どんでん返しがあったSTDEの幕引きだったのです。表彰式でメカニックとしての僕にもお言葉を頂き大変恐縮でございます。僕のSTDE木古内ヘルパー参戦でしたが、チームスポンサーで自らも走られ完走された#76渡辺Nastyle様、そして他のチームの皆様にも支えられとても嬉しく楽しいひと時を過ごす事が出来ました。厚く御礼申し上げます。
[PR]
by dr510 | 2007-07-01 09:06 | SOLILOQUY | Comments(2)