2017年 01月 19日 ( 1 )

棚からぼたもち

夏のイーハトーブに向けてとしどんさんTY125-4T号のバッテリー対策を仰せつかりました。ちょっと前にも取り付けした「冬眠スイッチ」です。
f0096363_14532698.jpg
冬眠するときにスイッチONですからね(^_-)-☆

今回の依頼のもう一つに、使用しない時にバッテリーキーパーを使って満充電なのに走り始めるとバッテリーが上がってしまうので、レギュレーターを含めた充電系統のチェックでした。この車両はバッテリーの端子までアクセスするのにかなりの分解工程があるので、充電系統もチェックしながら作業を進めました。するとどうでしょう、フレームの中に収めていた発電コイルからの3Pカプラーが接触不良を起こし焦げてるではありませんか!テスターで充電電圧を計りながらカプラー付近を触ると途端に電圧が下がるのでおかしいと思ったんですよね~
f0096363_15354.jpg
通常の作業ではこのカプラーには触らないのですが、仕事っていうのは小さい事でも疑いながら探りながら進めることが大事なんですね。この年になっても日々が勉強であると痛感した瞬間でした。

しかしながら残念な事も時にはあります。たとえば、昨年1年だけで3台ほど点火系不良でメインハーネス(主配線の束)を交換した車両があるのですが、不良の配線をメヒコさんに外注してチェックしてもらいましたが結局断線等の不良個所が見つかりませんでした。
f0096363_1513785.jpg

[PR]
by dr510 | 2017-01-19 15:23 | WORK | Comments(0)