全日本ですYO!

僕は「全日本」という響きがなーんか好きです。初めて全日本と名の付くレースに出たのは今から23年前に桶川で開催された全日本モトクロス第1戦関東大会(当時20歳)。出場クラスは今で言うNBクラスですけどね。その時からライバル(勝手に決め付けてます)でも有り、良き兄貴分なのが今の班長藤原さんだったりします(トライアルでは僕が先にNAに昇格エッヘン)。彼は今、全日本ED九州2DAYSに向けて船の上で僕は自宅でパソコンの前...前置きが長すぎましたが、今僕が夢中になっているエンデューロにもやっとMFJ全日本と名の付く大会が開催されるようになり、今年4月のSUGO2DEもその1戦として開催されていますし、今週末の九州、そして10月開催予定の日高と年間3戦の全日本が組み込まれていますね。そして個人的にはこの全日本エンデューロが全国区で年間最低6戦ぐらい開催が出来るくらい層が厚くなり、毎年世界選手権EDやISDEにトロフィーチームが参加しているモータースポーツとして確立出来ると良いですよね。僕等の地元にはSUGOと言う恵まれた施設がありますが、北海道には木古内を始めここの所注目度No1の夕張と、北海道には全日本が3戦組めるレースがあるって思うと羨ましい限りです(かなり勝手な意見)。明日は先週の大雨で甚大な被害を受け開催が危ぶまれている日高の大会事務局から開催に関して正式発表があるとのことですが、その様な状況下で開催する事はこの先のことを考えると得策では無いと思います。

ここで一つ問題になってくるのが、「全日本」と付いた大会の扱いで、それこそ年間6,7戦開催しているのならまだしも、年間3戦しかない「全日本」の1戦が無くなると、せっかく軌道に乗り始めたトロフィーチーム選抜も危うくなるんじゃない?とか。せっかく盛り上がってきたこのトロフィーチームの影が薄くならないようにする為にも「全日本」と言う格式の扱いは慎重にして欲しいとも思います。このエンデューロ界にも大会に冠のスポンサーが付き、個人のライダーもスポンサーを獲得して頑張っている現状がある以上「大会中止」では済まされない厳しい状況もあると思うのね。なんか難しくなってきましたが、あくまでもこれは「僕個人の思い」なので、「何言ってんだコイツ」と思う方も多いですよねぇ。さてどうなる事やら。。。
[PR]
by dr510 | 2006-08-23 23:50 | SOLILOQUY | Comments(0)
<< H.T.D.E.中止決定 いやな予感? >>