ブレーキキャリパー変更

僕の使っているJTG300は2012モデルで、油圧コントロールパーツにフォーミュラ社製が
標準装備でした(13モデルからAJP社)。
使っていて特に不安は無かったのですが、これからのシーズンを年間でフルに使用する事を
考えると、やはり慣れ親しんでてパーツ供給が安定している物の方が安心して使えると思い
フロントマスターをニッシンに、前後キャリパーをAJP社製に変更しました。

パーツ変更はボルトオンで可能かどうか、お世話になっているミタニモータースポーツ
神戸店
さんにアドバイス頂き、リヤキャリパー取付時のホイルスぺ―サーはTXT PRO用を
チョイス。旋盤が有れば純正のカラーを削って使用できるのですが、作業依頼費用を考えると
他社製の純正パーツの方が安く仕上がりました。
キャリパー本体もAJPのスペシャルな物を用意して頂きました(*^^)v
f0096363_10244348.jpg
英明さん、いつもありがとうございます<(_ _)>
[PR]
by dr510 | 2013-04-03 10:34 | WORK | Comments(0)
<< エアー圧管理のススメ Beta RR4T125 自分... >>