SUGO 2DE 四方山話1

SUGO2DEに参加された方々のブログを拝見させていただき、今更ですが私の感じた裏方の感想も少々書きとめておこうかな。良かった事も悪かった事も次回開催に繋げる為に。今回1番運営面で辛かった事は、本部と一番奥のエリアでの無線のやり取りが上手く出来なかった事。同じ日程でロードコースでは地方選手権が開催されていた為コントロールタワーでの中継が出来ないとの事。専属で一人コントロールタワーに駐在させれば回避できたのでは?で、当日現場と本部とは中継と中継の伝言ゲーム状態。幸いにも大きな怪我等が無かったものの無線を持たされたチーフスタッフとの初期伝達確認を怠ってしまった為、初日のET1エリア担当のマーシャルに昼食が行かなかった事が発覚!彼らが本部に戻ってからガッチリ絞られました。コースマーシャルの構図は、各エリア担当のマーシャル数名とそれをまとめるチーフ、さらにチーフをまとめるコース長(私)、そして競技監督となるわけですが、そのすべての間で情報を共有する事がスムーズなレース運営につながると思っております。今回初日の初歩的なトラブルを回避する為、2日目のキャンセルになったエリアのスタッフを難所張り付きと無線中継専属に上手く分担して、コース状況が変って行く中でも大きなトラブルもなく競技が終了できたのだと思います。
f0096363_994661.jpg
写真右側の方は夕張XCの畑さん。2年連続で遠路遥々お手伝いに来ていただき「歩くルールブック」としてご指導いただきました。SUGO2DEも九州2DEもHTDEも基本的には同じルールに沿って運営しなければならないので、こうした方々がどの大会の運営に携ってもすんなり事が運べるのはすごく大切な事です。畑さん今年もありがとうございました。
[PR]
by dr510 | 2006-04-22 11:38 | SOLILOQUY | Comments(1)
Commented by 2代目 at 2006-04-22 21:15 x
遅くなりましたが2デイズお疲れ様でした。去年1年で出ないうちにだいぶ変わったようで、かな~りきつかったです。また来年に向けて頑張りますのでよろしくお願いします。まずは定義 木古内ですかね。
<< あえてpeak1 満開 >>