林野火災資機材取り扱い訓練

今日は旧荒浜航空分署にて、若林消防団林野火災資機材取り扱い訓練でした。
これから空気の乾燥に伴い、林野火災が起きやすい環境になります。
その前に団員が一体となり、資機材の適切な使用と防御技術の向上を図ろうと
実施されました。

訓練会場周辺は大津波の影響でかつての松林も無くなり、一帯に広がっていた
田園地帯も今は塩分除去の為、表土が剥がされたただの平地となっております。
そんな折、暴風警報が発令され訓練が進むにつれ強風が辺りの砂埃を捲き上げながら
まともに会場を横断して行く、違う意味で緊迫した中での訓練でした。
f0096363_12181790.jpg

[PR]
by dr510 | 2013-03-10 12:19 | USUAL | Comments(0)
<< 切れていませんか? 自然山通信3月号とDVD入荷の... >>