TY125 4Tセットアップ

TY125 4Tの第4便が入荷しました。
早速小技を織り交ぜてのセットアップ作業を行って、さてバッテリーを接続しようと
ゴムカバーをめくると、今回入荷の車両はバッテリー端子が接続されており「あら親切」
と思ったのもつかの間。電源を入れても、うんともすんとも言いません。端子接続して
出荷したからバッテリー上がってんじゃね?と、電圧を測るも正常値で、配線をチェック
するとスターターのギボシが外れており、コレかと思い接続してもダメ。。。
ヒューズも異常なし。何気にフレーム内側でビニールテープでカバーしてある不自然に
ぷら―んとしている配線を発見!はがしてみると、エンジンアース線じゃないですか!
f0096363_20214113.jpg

こー言うのは「バッテリー端子は接続済みです。ドライブスプロケ奥に、アース線を
テープでカバーリングして外して有りますので、テープをはがしてアースコードを
エンジンに接続して頂くと電源が入ります。」の紙1枚でみんなが幸せになるのになぁ~
あ、それと「接続の際に、一度スパークしますのでご注意ください」も有った方が良い。
[PR]
by dr510 | 2012-09-27 20:32 | WORK | Comments(0)
<< 盗難車発見! 落下傘部隊 >>