危機一髪

お母さんのスクーター(2サイクル)を借りて乗りまわしていたら、
調子が悪くなった。と、高校生のお兄ちゃんが修理を依頼に来ました。
とりあえずプラグを見てみましょうと、外してみたらオーマイガー!
f0096363_1137552.jpg
先端の球状カスは、燃焼室の中では線香花火状態に真っ赤になり、ピストンの上に
ポトリと落ちると、あっさりピストンヘッドに穴があいてハイ終了になります。
お兄ちゃん、危なかったねぇ~
[PR]
by dr510 | 2012-05-11 11:47 | WORK | Comments(4)
Commented by スケテツ at 2012-05-11 16:18 x
(^O^)/、質問です。
「溶けたプラグの先端が落ちるとピストンヘッドに穴を開けて、ハイ終了」というのは知識では知っているんですが、もともとピストンヘッドも燃焼室もプラグの先端を溶かすほどの高温にさらされているんだから、別にプラグの先端が落ちようが落ちまいが穴が開くときは開いちゃうんじゃないかと以前から思っていました。
実際のところはどうなんでしょうか?
Commented by dr510 at 2012-05-11 17:32
>スケテツさん
ピストンヘッドに穴が開いた写真がないのが残念ですが、穴があいたピストンヘッドは明らかに異物による穴がぽっかりあいてます。そもそも、ピストンヘッドや燃焼室は爆発による高温では穴があきませんが、そこに更に真っ赤な溶解寸前の異物が加わると穴があくと思われます。不燃カーボンが電極付近に溜まり続ける事が一番の原因なので、プラグは早目の交換がお勧めって事ですね。
Commented by スケテツ at 2012-05-11 19:21 x
溶けた金属がきっかけになるんですね!
それなら理解できます(^O^)
ありがとうございました!
Commented by dr510 at 2012-05-12 10:22
>スケテツさん
大概はシリンダーに傷一つなく、ピストンにぽっかり穴があいて
(圧縮が無くなるので)終了になります。
カスは何処へ行ったんだろう。。。
<< 静かが笑える リカちゃん人形 >>